mono-logue

第27回東京国際映画祭草紙 その2

青春にはいつだって"瑞々しい"がつきまとう。枯れた青春なんてない。三省堂の大辞林によると"瑞々しい"とは「若々しく新鮮である」ということらしい。青春における新鮮とは、純粋であり、無垢であり、そしてナイーブ(=世間知らず)であることと同意義といってもいいだろう。では瑞々しさを失った青春が行き着く先にはなにがあるのだろうか。[続きを読む]。

2014年11月11日 19:02

第27回東京国際映画祭草紙 その1

東京国際映画祭、東京フィルメックスと続く秋は、東京の映画祭シーズン。と思っているのは映画業界で働くものばかりで、レッドカーペットやクロージングこそエンタメニュースにアップされるものの、一般的な浸透度はいまひとつ。イベントにあふれる東京にとっては映画祭も特別なことではなく、ひとつの日常なのだろう。[続きを読む]。

2014年11月 4日 09:04

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014
11年目を迎えた今年からアニメーション部門を新設

映画のデジタル化時代をいち早く見据え、デジタルで撮影・製作された作品に対象を絞った世界初の映画祭として2004年にスタートしたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭。第11回を迎え、例年と同じく川口市にあるSKIPシティで開催される同映画祭の全上映作品ラインナップが、6月6日(金)に都内で行われた記者会見で発表された。[続きを読む]。

2014年6月 6日 19:54

【大阪アジアン映画祭】
日本語も飛び交うタイのラブストーリーは
ひと味違うビタースイート

左から越中睦士さん、スパナート・チッタリーラーさん、セータポン・ピヤンポーさん...[続きを読む]。

2014年3月13日 15:52

【大阪アジアン映画祭】フィリピン映画『シフト』に出演
フェリックス・ローコーに注目

フィリピン映画『シフト』の見どころは何と言っても出演しているフェリックス・ローコーだ。[続きを読む]。

2014年3月12日 19:10

第9回大阪アジアン映画祭に見た
フィリピン映画の台頭とその理由

台湾映画特集の影に隠れてしまって気付きにくいが、この台頭を見るに今年の裏特集はフィリピン映画と言ってもいいのかもしれない。[続きを読む]。

2014年3月12日 12:46

Avanti Plus 2014
新しい名前を持とう!

 あけましておめでとうございます。 さて、いまさらではありますが、弊社...[続きを読む]。

2014年1月 1日 18:24

プロデューサー、ちょっとロスまで来てみました。その4

先輩のスタッフから連載読んでるよ~、と言われ、恥ずかしさでひきつった顔を見せている今日この頃......、前回のオーディションからのつながりで、アクティングについて書いてみようと思います。[続きを読む]。

2013年12月 2日 00:27

プロデューサー、ちょっとロスまで来てみました。その3

Casting:ハイテクなオーディションオーディション風景(イメージです)  帰...[続きを読む]。

2013年11月13日 09:36

プロデューサー、ちょっとロスまで来てみました。その2

Film Incentive:日本はこのままで大丈夫?フィルム・インセンティブの...[続きを読む]。

2013年10月28日 18:43