information

2017年7月23日 22:01

 

【8月19日女子塾】夏の利き酒聞き落語~冷やできゅっとイけるくち~最終回

文/Avanti Plus
sake_joshi_spring.jpg
江戸の粋を楽しむ【女子塾】新シリーズ最終回
老舗蕎麦屋で落語と蕎麦と季節のお酒

蕎麦屋で楽しむ四季。
肴を頼み、きゅっと冷酒で喉を潤し、汗をぬぐいながら、蕎麦をたぐる。
暮夏の日本橋界隈の午後は粋なおとなに似合います。

季節ごとにお蕎麦に合うお酒と肴、そして落語をご紹介・ご披露して参りました、
そんな【女子塾】四季の日本酒を楽しむシリーズも最終回。

1831(天保2)年創業の古河の蔵元・青木酒造の青木知佐さんから日本酒について、
老舗蕎麦屋・藪伊豆総本店のご店主から江戸の文化や食、お酒についてうかがったあと、
柳家三語楼師匠の落語をご堪能いただきます。 

利き酒は、青木酒造さんの「御慶事」。
低アルコール(ワインと同じ13度の原酒)のすっきりしたお酒と、
純米酒、純米吟醸の3種類。

「御慶事」純米吟醸Lightは、「暑い夏にキンキンの日本酒をぐびっと!」がコンセプト。
サラッとしているのに味がある。爽快な飲み口は、まさに夏の日本酒です。 
もちろんお蕎麦と江戸つまみもたっぷり!

チケットのご購入はこちら

どうぞお楽しみに! 

夏の利き酒は、低アルコールのすっきりした純米吟醸

cont2.jpg

【内容】  
1)老舗蕎麦店・藪伊豆総本店の野川社長による蕎麦とお酒のミニレクチャー(3階) 
2)江戸から続く造り酒屋・青木酒造の青木知佐さんから日本酒と古河の文化のマリアージュについて(3階)  
3)お酒とお蕎麦と夏の落語を、女子塾お馴染み柳家三語楼師匠(3階)   
4)日本酒飲み比べとお酒についてのレクチャー(2階)   
 ・その時期でないと飲めないお酒3種を飲み比べ   
  「御慶事」純米吟醸Light(ライト)《予定》 
  「御慶事」純米吟醸ふくまる《予定》
  「御慶事」特別純米 日本晴《予定》 
 ※下戸用には、お酒を仕込むときに使う「仕込み水」をご提供   
5)季節の江戸つまみとお蕎麦のお食事(2階) 

natsu1.jpg

【女子塾】夏の利き酒聞き落語~冷やできゅっとイけるくち~第4回 
○開催日時:8月19日(土) 15時開場/15時半開演/18時頃終了予定 
○場所:藪伊豆総本店(東京都中央区日本橋3丁目15-7) 
○料金:3980円(税込)

チケットご購入は⇒こちら

【女子塾】夏の利き酒聞き落語~冷やできゅっとイけるくち~最終回

※試飲していただくお酒は飲み放題ではありません
※男性は、女性と同伴の場合のみご参加いただけます
※未成年のお客様はご参加いただけません
※3階(レクチャーと落語)会場はお座敷となり、いすのご用意はございません