mono-logue

2017年6月 5日 19:12

 

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017
映画祭から巣立った若手映像クリエイターを特集

文/河西隆之

長編部門国際審査委員長に就任した黒沢清監督長編部門国際審査委員長に就任した黒沢清監督
 国際コンペティション映画祭「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017」の記者発表が6月1日(木)、都内で行われ、全上映作品のラインアップと関連イベントが発表された。本映画祭は埼玉県川口市のSKIPシティを中心に開催され、今年で14回目を迎える。デジタルで撮影、制作された作品にフォーカスした映画祭であると同時に、近年は若手映像クリエイターの発掘、育成に力を入れていることでも知られている。

 育成活動の一環として2015年より開始されたのが、映画祭実行委員会が主体となり、若手監督のオリジナル脚本による長編映画を製作し、映画祭のオープニン作品として上映するプロジェクトだ。2015年には福山功起監督の『鉄の子』、2016年は熊谷まどか監督の『話す犬を、放す』が製作、上映された。3年目を迎えた今年は、昨年『いたくても いたくても』が長編部門にノミネートされた堀江貴大監督が手がける『ANIMAを撃て!』がオープニング作品となることが発表された。

 さらに今年は、「飛翔する監督たち」と題した特集上映が実施されることが明らかになった。これは過去13回の本映画祭において、ノミネート、受賞を経験し、現在日本映画界期待の新鋭として活躍する6人の若手監督、白石和彌(『日本で一番悪い奴ら』)、中野量太(『湯を沸かすほどの熱い愛』)、坂下雄一郎(『東京ウィンドオーケストラ』)、石川慶(『愚行録』)、庭月野議啓(『仁光の受難』)、小路紘史(『ケンとカズ』)にスポットを当てた特集となる。

桝井省志短編部門審査委員長桝井省志短編部門審査委員長
 オープニング作品への取り組みや、特集「飛翔する監督たち」の実施を受け、記者会見に登壇した映画祭実行委員会会長である上田清司埼玉県知事は、「(映画祭出身の)多くの監督が大変活躍していることに対し、私たちは映画祭を続けてきたという自信と誇りを持たせていただいている」と嬉しさをにじませた。昨年、監督賞を受賞した『タンナ』(ベントレー・ディーン監督、マーティン・バトラー監督)は、今年2月に行われた米アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされた。また、桝井省志短編部門審査委員長は、「人材育成と言っても実態が伴わないことが多いが、この映画祭は行政と地元の有志の方の支援により、今回で14回も続けてこられた。ハッタリのない、実のある映画祭だと客観的に思っています」と9年にわたり短編部門の審査委員長を続けてきたなかで感じた思いを明かした。

 映画祭のメインであるコンペティション部門のノミネート作品の発表も行われた。今年の長編部門(国際コンペティション)は、世界85の国と地域から617本から応募があり、海外9作品、国内3作品を上映。短編部門(国内コンペティション)は、153本の応募の中から一次審査を経た12本がノミネート。アニメーション部門(国内コンペティション)は、40本のエントリーから10本が上映されることになる。

小出正志アニメーション部門審査委員長小出正志アニメーション部門審査委員長
 記者会見では、各部門の審査委員長も登壇。今年、長編部門国際審査委員長に就任した黒沢清監督は、「文学の世界では新人文学賞での若い作家を選ぶ基準として、内容より文体を選べということがある。私も内容より文体、もちろん映画の文体ですが、で選んでみたいなと思っている。もうすぐ12本に出会えるので身の引き締まる思いです」と緊張した面持ち。また、桝井短編部門審査委員長も、「自分たちが作り手なので、正直に言って人の作品を評価している場合ではありません。『お前は何を作っているのか』をいつも問われている立場なので、どちらかというと若い作家の作品をみると身が引き締まります」と同様の思い。そして、「しかし、今回も特集上映されますが、その方たちが巣立っていって、こうやって作品を作られて頑張られていると心強い。審査を楽しみにしております」と続けた。

 最後に小出正志アニメーション部門審査委員長は、2014年から始まり、まだ今年で4年目と歴史の浅い同部門に対し、「アニメーションのことを分かっている人がきちんと審査を行い、きちんと賞を受けるということを毎年積み重ねていくことで、アニメーション作家からの信頼を得て応募いただく。(現在は)そういったプロセスにある」と分析。そして、「若い才能の発掘という映画祭の趣旨をこのアニメーション部門でもきちんと発展させていくような、そういった審査をしていければと考えている」と抱負を述べた。

 「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017」は、7月15日(土)から7月23日(日)にかけて、埼玉県川口市にあるSKIPシティにて開催される。