mono-logue

2012年12月30日 02:32

 

Avanti Plusの2012年
仕方なく走り出した私たちは
根源的な面白さを発見した

文/関口裕子
 久々の更新です。来年は、もっとビビッドで役に立つネタを、もう少し間を開けないように出していこうと思っていますが、これはそういう手合いのものではありません。肩の力を思い切り抜いて、読んでいただけると幸いです。

 Avanti Plusのメンバーが、2012年、極私的に素晴らしいと思った体験やグッズ、仕事などを振り返りました。憤ったことも、悲しいと思うこともありましたが、ここであげるのは素晴らしい(?)と思ったものだけ。

 本当にいろいろなことがありましたが、社員全員が(といっても4人ですが)走り始めたのは、なかなか興味深いできごとでした。いつの間にかレースにエントリーされていたのが走り始める物理的なきっかけでしたが、ままならない世の中、「走る」という自身の力でコントロールできる行為は思いのほか心地よく、多くの方が皇居の周りを走る気持ちもわかるような気がしてきました。

kasai.jpg
 それでは2012年を振り返っていきましょう。

 まず弊社、唯一人の男性にして最年少の河西が振り返った極私的2012年ベスト5。妙齢の女性が揃う弊社ですが、誰より細やか、かつ緻密な気配りと計算ができるのは彼なのです。

○マラソン開始&トレラン・グッズ購入
 ⇒初レース!神流マウンテンラン&ウォーク40km完走
○終わる気がしなかった、でも貴重な体験だった
○友人と10年ぶりの再会も果たした
 ⇒香港出張
○モンベルのテント「クロノスドーム4型」購入
本サイトのマレーシアからのアクセスを増やした
 ⇒第8回大阪アジアン映画祭での『ナシレマ2.0』との出合い






narikawa.jpg
 次は、いくつまで帰国"子女"ということが許されるのか、定義を揺るがせ続ける、屈指のアイデアウーマン、成川の極私的2012年ベスト5。毎年、冬になるとバックカントリーを滑りに行くことに気を取られ、うかつにも意に染まぬOK返事をしてしまうことも。

○家族が増えました......
 ⇒ミニチュア・シュナウザーのタロウJr。正確な飼い主は両親だが......
 ⇒驚異の完走
○夏の台湾で食べた鍋
 ⇒台湾一だと評判の「長白」の酸菜白肉鍋。実は夏向けの鍋で、酸っぱくてうまい
○2012年も行けたニセコの家族スキー
 ⇒アルペン、テレマーク、スノーボードを満喫するも、身体はボロボロ
 ⇒日本未公開のマーク・チャオ出演映画「愛 LOVE」鑑賞



sumi2.jpg
 そして我が社の良心で太陽!(笑)である須見。リカバリー力にも定評があり、落ち込もうが、風邪をひいて高熱が出ようが、見る間に立ち直っていく。またその優れた文章読解力で、ややこしいことの多いこの世の中を、すみやかに整理し、前進の途を開ける。

○ランナー化
 ⇒トレラン、ロード合わせレース4回出場、帰宅ラン開始、GPSウォッチGARMIN ForeAthlete110購入
FOOD TAIPEI 2012への出張
 ⇒初めての台湾かき氷 in 士林夜市
 ⇒映画祭、初宿泊参加で映画三昧
GIFT of SMAP CONCERT TOUR'2012 
 ⇒初めてのSMAPコンサートを堪能@東京ドーム
○全力投球!真夏と真冬の新大久保チラシ配布
 ⇒新大久保韓流プロモーションサービスはじめました(詳しくはこちらのinfoまで)





sekiguchi.jpg
 2012年の自分のトピックスをピックアップするにあたり、誰もがまず行ったのは、携帯電話の画像フォルダを確認すること。もはや外付けハード(外部記憶)なしでは、なにもできないわけです。もちろん関口もですが、フォルダから出てくるものといえば、様々なセクシーポーズで横たわる猫の写真ばかり。この一年、なにをしていたのかと猛反省中です。

クラウドファンディング~アートから映画まで
 ⇒2012年、盛り上がりを見せたクラウドファンディングについて社内勉強会から派生し、アートマネジメント文化庁映画週間などでも執筆&モデレーターをやらせていただきました
 ⇒取材ブッキングと少々の編集&執筆も。妻夫木聡という"俳優"を「愛してる」という話を聞きまくった3カ月
○ジョギングと歴史好きがドッキングしたタイムトラベル・ラン
 ⇒古地図(iPhoneアプリ「今昔散歩」)を使い、江戸の道を走る。マイブームは江戸への流通の要であった見沼代用水ランです
和田誠さんのイラストを染めた布で服を作る
 ⇒トレーナー、Tシャツ以外では初の試み。個展「連続模様」から
○那覇市久茂地の「美栄」の琉球料理
 ⇒池上永一の「トロイメライ」のをなり宿に思いを馳せながら、その美味しさに驚嘆

 ちなみに弊社で大いに盛り上がった映画は、ジョン・ル・カレ原作、トーマス・アルフレッドソン監督、ゲイリー・オールドマン主演の『裏切りのサーカス』でした。

 さて間もなく2013年。

 これから一年、Avanti Plusは、どんな素晴らしいものを発見し、体験しているのでしょうか? また来年の今ごろ、当Avanti Pressでご報告いたします。たぶん。どうぞお楽しみに!